トップページ > 一般社団法人・子ども安全まちづくりパートナーズのご紹介
このページをプリントする

活動報告

活動報告

一般社団法人・子ども安全まちづくりパートナーズのご紹介

Array Array

 


JST「計画的な防犯まちづくりの支援システムの構築」プロジェクト(研究代表者:明治大学教授・山本俊哉)は、2009年より曽谷小学校区をモデル地区とし、みなさまの協力をいただきながらアンケートやヒアリング調査、各種ワークショップの実施、子ども安全ホームページの開発等の研究活動を行って参りました。みなさまと協働で得られた成果は「防犯まちづくりのヒントとガイド」として、一般公開するに至りました。ありがとうございます。


この成果の普及啓発と防犯まちづくりの支援を行う団体として、 2010年に山本教授を代表とする任意団体「子ども安全まちづくりパートナーズ」を設立し、曽谷小学校区子ども安全ホームページも、この団体が運営を行ってまいりました。
そして2011年2月、本団体は一般社団法人として再スタートを切りました。今後、防犯まちづくり委員会に関する支援は(社)子ども安全まちづくりパートナーズとして行って参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。


今後も、防犯まちづくり委員会・子ども安全ホームページの支援だけでなく、地域や学校のニーズに合わせた活動支援を継続します。下記以外にもみなさまのニーズやアイディアに合わせてお手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談ください。


継続支援

・防犯まちづくり委員会に関するアドバイス
・曽谷小学校区子ども安全まちづくりホームページの運営


活動支援メニュー

・防犯診断ワークショップの支援
(交通量調査・みまもり量調査・くらがり調査・公園調査など)
・防犯まちづくりワークショップの支援
(安全マップづくり、安全マップを活用したワークショップなど)
・防犯教室の講師派遣(講演会・研修会・子ども対象の防犯ワークショップなど)
・防犯まちづくりの広報支援
(防犯まちづくりニュースの発行・その他地域イベントを活用した広報活動など)
・その他、みなさまのニーズに合わせたオーダーメイドの支援






http://kodomo-anzen.org/manual/

「防犯まちづくりのヒントとガイド」では、地域の安全・安心を目指したまちづくりに関するノウハウを掲載しています。子ども安全まちづくりパートナーズでは、ここに掲載されている活動の支援も可能です。


133-0033 東京都文京区本郷2−39−7 エチゾウビル204
事務局担当:重根 (shigene@isc.meiji.ac.jp)

 

印刷用チラシはこちらです。