トップページ > はじめに 提案の経緯と趣旨

はじめに 提案の経緯と趣旨

防犯まちづくり計画 平成19年2月版

曽谷小学校周辺地区では、これまでも自治会や商店会、曽谷小学校、曽谷小学校PTA等が地域の防犯パトロールや道路・公園等の維持管理活動を行い、また、多くの地域住民がボランティアパトロールに取り組み、地域の安全・安心の確保に努めてまいりました。

こうした中、平成18年度に市川市の「防犯まちづくりモデル地区調査」において当地区がモデル地区に選定されました。本調査では、地区の自治会、商店会、小学校、PTA、警察、市川市等の関係者が集い「曽谷小学校周辺地区防犯まちづくり検討委員会」を立ち上げ、これまでの活動や防犯上の課題を把握・整理するとともに、地区内の暗がり診断を実施し、今後の防犯まちづくりの取組みについての検討を重ねてまいりました。そして、検討委員会における検討の成果を整理・集約し、当地区に相応しい「防犯まちづくり計画」を作成しました。

「防犯まちづくり計画」は、曽谷小学校周辺地区の防犯まちづくりに関する行動指針として作成したものです。本計画により、防犯まちづくりの取組みが今後も継続的に実施され、犯罪や不安感の少ない魅力的な地域が形成されることを願っております。