トップページ防犯活動の取り組み状況 > 曽谷小学校周辺地区における防犯まちづくりの現状と課題

曽谷小学校周辺地区における
防犯活動の取り組み状況

[曽谷小学校周辺地区における防犯まちづくりの現状と課題]

曽谷小学校周辺地区の各自治会、商店会、曽谷小学校、曽谷小学校PTAは、それぞれが主体的に、防犯パトロール活動や子どもたちの見守り活動を実施 するとともに、地域住民や保護者に向けて、ボランティアパトロールの協力の呼びかけを行っています。また、公園・道路の清掃、沿道の樹木・植栽の剪定と いった維持管理活動にも取り組んでいます。さらに、自治会、商店会では防犯灯や街路灯の点検・設置を、小学校、PTAでは学校や通学路の安全点検を実施し ています。

今後は、防犯まちづくりの取組みがより効果的に行えるよう、活動団体間の連携を推進していくことが重要となります。ま た、現在の活動が持続し、参加者の輪が広がっていくためにも、より多くの住民に活動への参加の機会を提供するとともに、活動を介した住民同士の交流を育ん でいくことが大切です。

当地区の特徴として、緑地や樹林地、農地といった豊かな自然資源や、社寺、貝塚等の歴史資源があります。 これが安全・安心の資源として受け継がれていくよう、環境の維持管理に継続して取り組んでいく必要があります。また、一人ひとりが安心して暮らせるよう、 地域活動と並行して、個々の住宅における防犯に配慮した住まいづくりを進めていく必要があります。