トップページ防犯まちづくりの提案 > 基本方針1-2 防犯に関する情報共有と活用の体制づくり2

曽谷小学校周辺地区の
防犯まちづくりの提案

基本方針1-2 防犯に関する情報共有と活用の体制づくり2

提案1-2
防犯に取り組む団体間での情報交換、情報共有を推進し、
活動に反映していきます
市川市・警察からの情報提供や、安全点検・日常のパトロール等を通じて、防犯まちづくりに関する情報を収集し、活動へ反映していきます。また、活動団体間の相互の情報交換、情報共有を推進し、地域が連携した効果的な取組みを進めていきます。

情報の収集・共有と、活動への反映

コラム

「情報の収集・共有」の進め方は?
◆市や警察から情報収集したい
⇒ホームページ、講座・座談会等を通じて
◆日常の防犯活動の成果を知りたい
⇒点検マップや活動日誌、報告書等を通じて
◆各団体の持つ情報を共有したい
⇒コミュニティサポート委員会等の場を活用して

防犯活動を通じた情報収集の推進
  • 各自治会は、日常の防犯パトロール等を通じて、地域の防犯関連情報の収集を行うとともに、パトロール報告書の作成等を通じ、得られた情報の整理・共有を図る。また、パトロールを一層効果的に進めるため、警察や市川市のホームページにおける防犯関連情報や、交番から定期的に提供される犯罪発生情報(町丁目別の発生件数、ひったくり等の発生地点の地図等)を収集し、今後の活動へ反映していく。
  • 各自治会・PTAは、保護者や学校、民生児童委員会による安全点検の成果等を共有し、小学校と連携しながら、登下校時の見守り活動に取り組んでいく。
コミュニティサポート委員会等における情報共有の推進
  • 小学校・PTAは、自治会やその他の地域団体の協力を得て、コミュニティサポート委員会や青少年健全育成連絡会議等の場を活用して、子どもたちの安全確保に関する情報共有を進めていく。
防犯まちづくり検討委員会等における情報共有と連携の推進
  • 各自治会・商店会・小学校・PTAは、警察や市川市の協力を得て、防犯まちづくり検討委員会等における情報共有を継続するとともに、それぞれが連携した取組みについての検討を行う。また、隣接する百合台小学校区や稲越小学校区等との連携についても検討を行う。