トップページ防犯まちづくりの提案 > 基本方針2-1 地域ぐるみの見守り体制づくり

曽谷小学校周辺地区の
防犯まちづくりの提案

基本方針2-1 地域ぐるみの見守り体制づくり

提案2-1
一人ひとりから団体レベルまで、様々な方法で
見守り活動に取り組んでいきます
自治会、商店会による防犯パトロール活動や、小学校、PTAによる子どもたちの安全指導等、地域の活動団体による定期的な見守り活動を継続していきます。
また、一人ひとりの自主的な見守り運動や、子どもから大人までが多数参加するパトロールといった様々な見守り活動を推進していきます。

一人ひとりから団体レベルまでの見守り活動

コラム

「見守り活動」の方法は?
◆定期的に見守る
⇒各団体の見守り活動(パトロールや安全指導等)を継続
◆日常的に見守る
⇒一人ひとりの自主的な見守り運動を普及
◆イベントとして行う
⇒「防犯・防災パトロール」「防犯出動式」等を継続

見守り活動の継続
  • 各自治会は、警察の協力を得て、商店会や小学校、PTAと連携しつつ、朝や登下校時、夜間における定期的なパトロール活動、子どもの見守り活動を継続していく。パトロール時は、暗がりや見通し等の点検活動、ゴミ拾い活動、挨拶運動にもあわせて取り組む。また、より多くの地域住民が気軽に活動に参加できるよう、活動に「楽しさ」や「新鮮さ」を取り入れる等、各自治会独自のパトロールの形態を検討していく。
  • 小学校は、登下校時の子どもたちへの安全指導を継続していく。
  • PTAは、自治会や小学校と連携しつつ、登校時の学校周囲や通学路等における見回りや、子どもたちへの安全指導を継続していく。
一人ひとりの自主的な見守り運動の普及
  • 各自治会・商店会・小学校・PTAは、地域住民や保護者等に対し、帽子やプレートを携帯したボランティアパトロール、登下校時の子どもの見送り・出迎え、買い物や散歩の際の地域への目配りといった、日常における一人ひとりの自主的な見守り運動への協力を呼びかけていく。
多くの地域住民が参加するパトロールの推進
  • 各自治会・商店会は、子どもから大人までが多数参加する「防犯・防災パトロール」「防犯出動式」等の取組みを継続するとともに、活動を通じた防犯意識の啓発や子どもへの安全教育、住民同士の交流促進を図る。