トップページ防犯まちづくりの提案 > 基本方針3-1 住み心地の良い地域づくり

曽谷小学校周辺地区の
防犯まちづくりの提案

基本方針3-1 住み心地の良い地域づくり

提案3-1
道路や公園等の点検・維持管理活動に取り組んでいきます
道路や公園・緑地をはじめ、農地の周囲や駐車場、資材置き等の屋外空間において、見通しや暗がり、ゴミや落書き等の点検活動を進めます。
点検結果をもとに、その改善や維持管理に取り組んだり、改善の呼びかけを進めていきます。

道路や公園等の点検・維持管理活動

コラム

「点検・維持管理活動」の取り組み方は?
◆定期的に点検・維持管理を行う
⇒パトロール活動、定期清掃活動にあわせて実施
◆地域住民や子どもたちと一緒に点検・維持管理を行う
⇒「ゴミゼロ運動」「防犯・防災パトロール」「防犯出動式」等を継続
※点検結果をもとに、修理や改善、整備、維持管理について呼びかけることも大切!

道路、公園等の維持管理の推進

◆清掃・植栽剪定等

  • 各自治会は、公園の定期清掃やパトロール中のゴミ拾いを継続するとともに、沿道の樹木や植栽の点検・剪定を行う等、道路や公園等の維持管理に取り組んでいく。また、地域住民や子どもたちが活動へ参加できる機会づくりにも、継続して取り組んでいく。
  • PTAは、小学校の協力を得て、学校周辺での子どもたちとの除草・清掃活動を継続していく。

◆防犯灯の点検等

  • 各自治会は、防犯灯や道路照明灯、公園灯の点検を行うとともに、防犯灯の設置や維持管理を継続していく。また、照明を覆い隠す樹木等の剪定を進めたり、照明の配光(光の広がり)と配置を工夫する等して適切な明るさを確保するとともに、効率の良い照明機器の活用についての検討を行う。
屋外空間の総合的な安全点検の推進
  • 各自治会は、日常の定期的なパトロールや「防犯・防災パトロール」「防犯出動式」等にあわせて、道路や公園・緑地、駐車場、資材置き等の屋外空間における総合的な安全点検(見通しや暗がり、維持管理の状況等の点検)を実施していく。また、沿道の落書きや低未利用地への不法投棄等についても点検し、維持管理の呼びかけを行っていく。