トップページ防犯まちづくりの提案 > 基本方針3-2 住み心地の良い地域づくり

曽谷小学校周辺地区の
防犯まちづくりの提案

基本方針3-2 住み心地の良い地域づくり

提案3-2
みどり豊かで美しいまちなみづくりに取り組んでいきます
通りや街かどを色とりどりの草花で飾ったり、沿道の住宅や店舗のあかりで通りを照らす等、地域の環境に調和したみどり豊かで美しいまちなみづくりを進めながら、安全・安心を高めていきます。

みどり豊かで美しいまちなみづくり

コラム

「まちなみづくり」の例
◆花と緑のまちなみづくり
⇒沿道の緑化、飾花を推進
◆あかりのまちなみづくり
⇒まちのあかりの点灯、街路灯の点灯を推進
※門灯や玄関灯、庭園灯、道路に面した窓

地域のマップづくりの推進
  • 小学校は、PTAと連携して、子どもたちによる点検活動を推進するとともに、「曽谷小安全マップ」の更新を図る等、マップづくりに取り組む。点検活動にあたっては、地域の危険・不安箇所だけでなく、安心できる場所、魅力スポット等についても積極的に取り入れていく。
沿道の緑化、飾花運動の推進
  • 各自治会は、市川市の協力を得て、沿道の住宅や店舗、公園等において飾花を行う「花いっぱい運動」を地域へ普及する等、魅力あるまちなみづくりを進めていく。
  • 商店会は、独自の「緑の里親制度」を活用し、商店街周辺の歩道への飾花(プランターの設置)と維持管理の取組みを継続していく。
  • 小学校・PTAは、ボランティア団体の協力を得て、子どもたちによる学校周囲や通学路沿道等への飾花の取組みを推進していく。また、その後の継続的な維持管理を通じて、子どもたちと地域住民とのふれあいを深めていく。
  • 市川市は、住宅や駐車場等における防犯にも配慮した生け垣の普及を図る。
あかりのまちなみづくりの推進
  • 各自治会は、市川市の協力を得て、沿道の住宅や店舗における「まちのあかり」(門灯や玄関灯、庭園灯、道路に面した窓)の点灯協力を呼びかけていく。
  • 商店会は、自治会と連携しつつ、商店街沿道や山王公園周囲における商店街路灯の設置、点灯、維持管理を継続していく。